絵が上手い人は、元から才能があるという勘違い【描いた者勝ち】

どうも、とりっぴー東堂です。

SNSをしていると、たまにこういう言葉を見かけます。

なやむくん
絵が上手い人は、元から才能があるんだよなー
なやむくん
自分には絵の才能がなくてつらい・・・

私自身、そう考えてしまうことはありました。

しかし、あることに気づいて、意識しながら絵を描いていたら、
有償での依頼を頂けるレベルまで上達することができました。

この経験を踏まえ、お話ししていこうと思います。

そして、この記事を見ていただけると、下記の点に気付けると思います。

  • 絵が上手くなるのに才能は必要ない
  • 最初からプロのように描ける人はいない
  • 昔から描いていなくても問題ない

ないない尽くしです。

絵が上手くなるのに才能は必要ない

この言葉、おそらくプロの人は口を揃えて言うと思います。

なんだったら「自分には特別な才能はない」とも言うと思います。

とりっぴー東堂
そんな訳あるかい!

そう言いたくなりますよね。

ですが、多くの方は、本気でそう思っていますし、そういう方々ほど、
自分なりに考えた末のロジックを持っていました。

例えば、「影にリアリティを持たせたい」と目標を立てた場合、
影の描き方が上手い人のイラスト(またはフィギュアなど)を観察し、下記のように考えたりします。

  • 筋肉が出っ張っている部分は光が当たり、くぼんでいるこの部分には影が入る
  • 光が当たっている部分のすぐ横の影は濃くて、離れるほど影がぼやける
  • ただ、人体的にこの部分は筋肉がこう繋がっているため、ここが盛り上がるから、ここには影が入らな

ざっくりとこんな感じです。

(ピンとこない人は、肘を伸ばした時にできるくぼみを見ながら、考えてみてください)

最近は、プロの方でも、Youtubeなどで【お絵描き配信】や【描き方解説】などの動画をあげています。

その解説などを聞くと、なぜそのように描くのか、例のように説明されていると思います。

観察して、考える

先ほどの例を見て「そのくらい誰でも考える、当たり前のことじゃん」と思った方。

言われてみると、当たり前のことなんです。

ただそれができるかできないかは、才能ではなく、理解をしているか、なのです。

知識として知っているだけではなく、理解することが重要です。

そして、理解するためには、

「観察し、こういうことかな?と考える→描いてみる→出来ているか確認→改善があれば直す」

この手順を何回も行うことで、理解できます。

そして、絵が上手くなります(マジです)

最初からプロのように描ける人はいない

そんな人はいません(マジです)

ただし、最初からある程度描ける、という人はいるかもしれません。

そういう人は、観察力があるからだと思います。

絵が上手い小学生がいる理由

小学生の時、やたら絵が上手い同級生がいませんでしたか?

私の周りにもいました。

私も描いていましたが、全然レベルが違いました。

昔はすごいショックでしたが、今考えると、レベルが違うのも当たり前だなと思います。

下記の例を見てみましょう。

  • Aくん:絵を描くのが好きな小学生。
          とにかく好きなように絵を描いてきた。
  • Bくん:絵を描くのが好きな小学生。
          とある漫画家の絵が好きで、こう描きたいと真似して描いてきた。

この両名、どちらの方が絵が上手いでしょう?

当然、Bくんですね。

Bくんは、「好きな漫画家のように絵が描けるようになりたい」という目標があり、
プロの絵を真似して描いてきました。

真似するためには、その絵を観察しなければならない。

つまり、プロとして認められた漫画家の絵を観察して、
似せるにはどう描けばいいか考えながら描いていた、ということです。

上で解説した「観察して、考える」を無意識に行っていたのです。

そりゃ、上手くなりますわ・・・。

とりっぴー東堂
ちなみにAくんは私です。
お粗末ッ!!!!

昔から描いていなくても問題ない

「じゃあ、今から始めるのは遅いのかな・・・」

そう考えるのは早計です。

30歳から一念発起し、独学でイラストレーターになった方や、漫画家になった方もいらっしゃいます。
(「空中幼彩」、「るなツー」(敬称略)で検索してみてください)

また近年、YoutubeやTwitterなど、情報発信できる環境が増えたことで、
イラストレーターさんが絵の描き方を公開する機会も非常に増えてきました。

絵を描き始め、上達するハードルがぐっと低くなってきています。

まとめ:とりあえず、描きましょう

おさらいです。

  1. 絵が上手くなるのに才能は必要ない
     →観察して、考えて、描くだけ!
  2. 最初からプロのように描ける人はいない
     →観察して、考えてきた結果!
  3. 昔から描いていなくても問題ない
     →今絵を描くのに優しい環境になってきている!

難しいテクニックとか、覚える必要はありません。

あとは行動するだけです。

この記事を見てくれた人は、多分絵を描くのが、好きな人なんだと思います。

自分の絵、もっと好きになれると思いますよ。

関連記事

どうも、とりっぴー東堂です。 あなたは、ブログやSNS、Youtubeなどで心惹かれるイラストを見て、「こんな絵が描けるようになってみたい!」と思ったことはありませんか? そして、中にはこのように考えた人も、いるのではないでし[…]

最新情報をチェックしよう!