【検証します】漫画を一冊模写すると、絵はうまくなるのか?

どうも、とりっぴー東堂です。

みなさんは、「漫画を一冊模写すると絵がうまくなる」という話、聞いたことありますか?

嘘がつけない人
都市伝説ですか?

うん、まあ・・・聞いたことないよね。

実際のところ、この話、嘘か本当か分かりません。

それもそのはず。

面倒くさくて、みんなやらないんですよね。

とりっぴー東堂
昔やろうとしたけど、1ページで挫折しました。

なぜみんなやらないのか

漫画って、単行本一冊だいたい150ページくらいあるじゃないですか。

さらに、1ページごと平均5コマとしたら、

150 × 5 = 750

750コマ絵を描くということです。

1枚の絵を描くだけでも大変なのに、750・・・?

正気か・・・?

面倒くさすぎるだろ・・・。

それより、デッサンとか、人体について学んだ方がよくない?

基礎練習をしたほうがいいのでは? って話ですよね。

自分に足らない部分がわかっていて、それを埋めるためにデッサンをするなら分かります。

でも、漠然と「基礎練習だから大事」という考えでやると、モチベーションが続かないと思います。

とりっぴー東堂
個人的に、デッサン楽しくない・・・

だったら、漫画一冊を模写するほうが、まだ楽しそうじゃないですか?

あと、模写する漫画がデッサンしっかりできてたり、遠近感とかパースとか整っているんだったら、漫画一冊で全部勉強できそうじゃありません?

・・・あれ、もしかして、漫画って・・・。

漫画って、絵の技術の集合体では・・・?

この発想、確実に宇宙ですね(???????????)

「模写してもうまくなるか分からない」という意見

この意見に関しては、ハッキリ言えます。

模写自体は、練習方法として有効です。

お手本となるプロの絵をよく見て描くわけですから、得られるものは非常に多いです!

もし、丸ごと模写するというのに抵抗がある方は、こちらをご覧ください。

ポケモンカード公認イラストレーターのさいとうなおき先生の動画です。

日々イラストレーターを目指す人や、初心者に向けて、ためになる情報を発信されていますので、オススメです。

この動画でも、お手本となるイラストレーターの絵を見て絵を描く、ということをお話ししています。

つまり、それだけ見て描くことは大事、ということです。

面倒なのに上達するか不明なのが嫌なら、検証してみようじゃないか。

実際に一冊模写したって人の話、聞かないんですよね。

エビデンスが欲しい・・・でも誰もやってない・・・やっててもプロの人とかだし・・・。

じゃあ、やってやろうじゃねえか!!!

ファーストペンギンの精神。

うまくならなければ嘘だということになるし、うまくなれば儲けもん。

できれば本当であってほしい!!!

というわけで、漫画一冊模写、やります

自分が目指している絵柄、ジャンルをメインにやってみようと思います。

結果はまたブログにて書きますので、乞うご期待!

・・・え? なんの漫画を模写するのかって?

なんの漫画を模写するのかは、ちょっと言えません。

まあ、ちょっと、センシティブな、うん・・・ね?

最新情報をチェックしよう!